シャンプーでフケを治す方法とは?

2013年に行われたある調査で、男性の87%、女性では86%もの人がフケで悩んだことがあると分かりました。
フケは体質によって出やすい人がいたり、治りにくいと思っている人も少なくないようですが、正しくシャンプーをするだけで改善する場合があります。

 

フケとは、地肌がターンオーバーを行う周期が早まって剥がれ落ちた肌の角質のことを言います。頭皮も肌の一部なので同じ現象が起きています。
フケは頭皮の皮脂が過剰に分泌されることで常在菌(=マラセチア菌)が活発化することが原因で発生します。
フケを改善するには頭皮の状態を良くすることから始めましょう。
しかし、フケ対策のシャンプーを使い続けると次第に効果が薄くなっていきます。これは使い続けることで常在菌に耐性ができてしまう為です。

 

ターンオーバー…肌が生まれ変わること。肌の内側では、新しい細胞が表面に押し上げられてアカとなって自然と剥がれ落ちるサイクルのこと。怪我などをしてカサブタがきれいに治るのは、ターンオーバーによって肌が生まれ変わっているため。
常在菌…ほとんどの人の体に存在している無害の微生物のこと。

 

シャンプーでフケを治すには、正しいシャンプーの仕方を知ることが大切です。
まずシャンプーの前にシャワーだけで頭皮をおよそ1分洗います。
シャンプーを手に取り、指の腹でマッサージするように頭皮を洗います。目安は2分です。フケの多いときは少し強めに行うと効果的です。
洗うときに爪を立ててしまうのは、頭皮を傷つけてしまうので、必ず指の腹で行ってください。シャンプーブラシを使うのは構いません。
その後、2分ほど時間をかけて丁寧に洗い流します。このときの温度は30℃〜35℃のぬるま湯で行うと頭皮の皮脂を洗い流しすぎずに乾燥しにくくなります。
洗った髪は必ずドライヤーで乾かしましょう。濡れた状態で長時間放置しておくと雑菌やカビが繁殖してしまいます。またこの状態もフケの原因となります。

 

 

フケを改善するのに、シャンプーを見直したり、食生活や生活リズムを改善したりする人も多くいるでしょう。
しかし、20年以上もフケに悩み続けていた人が、このシャンプーの方法にしたらフケが改善したと言います。しかもこの方、フケを抑える商品や、シャンプーの見直し、生活習慣の見直しなど何をしても良くならなかったそうです。
現在フケで悩んでいるのであれば、フケを抑える商品や病院に行く前に、一度このシャンプーの方法を試してみてはいかがですか?

 

女性におすすめのシャンプーに関してはこちらの記事で詳しく解説しています。